誰にでも安全基地がある社会に
愛着障害の専門サイト「愛着こう」です。
安全基地になるコツ

2「他人を人として受け入れる」を身に着ける|職場で、安全基地となるには?

当Webサイトの医療情報提供に関するコメントです。愛着障害や愛着タイプ、愛着スタイル について情報提供をしています。

職場で部下(フォロワー)の安全基地となる人は、いくつかの特性がある。その一つに「他人を人として受け入れる」ことがある。そのコツを説明する。

「安全基地」とは?

「安全基地」とは、いざというとき頼ることができ、守ってもらえる居場所であり、そこを安心の拠り所、心の支えとすることのできる存在である。愛着理論の用語である。安全基地は、対人関係において、その人が安心できる人となる。幼児が不安になったときに、「ママ・パパ」と駆け寄るような相手である。幼児はそのように安全基地を頼り安心することで、また活発に行動できるのである。安全基地とは自分という存在が無条件に受け入れられる場所なのである。自分が何を感じ、何を思っているか、安心して話すことができる相手が安全基地になりえる。そのように自分が受け入れられると、自分の人生に対する主体性や責任を得ることができる。自分が大切にされることで、自分を大切にできるようになるのである。

安全基地について以下の記事で詳しく説明している。

あわせて読みたい
「安全基地」とは?|安全基地があると、安心感が得られる※ 当Webサイトの医療情報提供に関するコメントです。愛着障害や愛着タイプ、愛着スタイル について情報提供をしています。 人生をもっと...

安全基地になるコツは、知識と経験、そして自分も安全基地を持つこと

人の安全基地となりその人の状況を前向きにするためにとられる方法が、愛着アプローチである。これは「『愛着障害の克服 「愛着アプローチ」で、人は変われる』岡田 尊司 光文社新書」にて詳しく解説されている。その中で著者は、「安全基地となるには、知識があることは言うまでもなく、経験の必要がある」旨を述べている。

そして、安全基地となる人は、安定型愛着スタイルを持った人、もしくは不安定な部分を克服した人がなる必要性がある。言い換えれば、安全基地となる人も安全基地を持つ必要があるということだ。安全基地を持ったことがある人は、他人の安全基地にもなりやすいのである。

・本書で述べた方法は、机上の理論ではなく、実際に生きるか死ぬかの状況まで追い詰められたケースを、窮地から救い出し、見事な回復を遂げさせるのに役立ってきたものである。それは、単なる知識というよりも、技術や極意のようなものであり、頭で知っただけではすぐに実践できるものではない。(段落変え)たとえて言うならば、飛行機の操縦について書かれた教科書だと思っていただければよい。知識として知るだけでは、いくら頭で知っていても、上手に操縦することはできない。しかし、知識がなくては話にならない。さらに、知識に加えて、練習を積んでいく必要がある。本書を何度も読み返し、実際の場面に生かそうとする中で、少しずつ体得されるに違いない。
(引用 : 『愛着障害の克服 「愛着アプローチ」で、人は変われる』岡田 尊司 光文社新書 初版)

「他人を人として受け入れる」を身に着けたときの安全基地の効果

相手とその時だけの関係ならば、本来の意味の安全基地とは言えないので、この記事ではその場の安全基地という意味とする。

人、あるいは目標との絆を欠いていると、拒否される恐怖、成功あるいは失敗の恐怖が大きくなり、全力を出し切れなくなってしまう。恐怖による強い無力感から、ストレッチ目標にも手が届かなくなる。安全基地は成功の可能性に集中させ、不安感から人々を守り、行動する勇気を起こさせるのである。

職場に安全基地があることが、高業績を持続的に達成する重要な要件である。言い換えると、成果とメンタルヘルスを両立できるのである。また、リーダーとしての役割をおう人である上司は、安全基地となることが社会制度上求められる。これらや、職場で安全基地となる方法を以下の記事で詳しく説明している。

あわせて読みたい
職場で安全基地となるには?|セキュアベース・リーダーシップによってなる※ 当Webサイトの医療情報提供に関するコメントです。愛着障害や愛着タイプ、愛着スタイル について情報提供をしています。 この文章では...

安全基地は「愛着理論」の言葉

安全基地(セキュアベース)は「愛着理論」により生まれた言葉である。愛着理論は、「すべての人は生まれながらにして、親密さと安心を得ようとする欲求を持っており、自分を守ってくれると感じられる人からそれを得ようとする」という前提のもとに展開される理論である。

「愛着スタイル」や「愛着障害」という言葉も同じ愛着理論により生まれた。これらを知ることで、安全基地となるための助けとなる。相手の対人関係や生き方について判断する際に重要となる。

・セキュアベースという言葉は、ジョン・ボウルビィとメアリー・エインワースによる戦後の「愛着理論」研究から生まれた。愛着理論は、「すべての人は生まれながらにして、親密さと安心を得ようとする欲求を持っており、自分を守ってくれると感じられる人からそれを得ようとする」という前提のもとに展開される理論である。
(引用 : 『セキュアベース・リーダーシップ』著者:ジョージ・コーリーザー、スーザン・ゴールズワージー、ダンカン・クーム 訳者:東方 邪美 プレジデント社 初版)

愛着理論で重要な「愛着」や「愛着スタイル」とは

まず、「愛着」とは特定の人に対する特別な結びつきのことだ。また、人格のもっとも土台の部分を形造っているものである。脳内のホルモン作用がかかわる生理学的な仕組みである。その型として愛着スタイルというものがある。それは対人関係の在り方に大きな影響を与えるものである。また愛着スタイルは人付き合いだけでなく、その人の生き方にも大きな影響を与えている。愛着スタイルについて、以下の記事で詳しく解説している。

あわせて読みたい
「愛着スタイル」とは?(愛着理論-ABCモデル)| 人間関係や生き方に大きな影響を与える※ 当Webサイトの医療情報提供に関するコメントです。愛着障害や愛着タイプ、愛着スタイル について情報提供をしています。 愛着スタイル...

愛着理論で重要な「愛着障害」とは?

「愛着障害」を抱えていると、対人関係や人生に課題や困難を抱えやすい。この「愛着障害」と「愛着スペクトラム障害」は同義である。愛着スペクトラム障害とは岡田 尊司 氏が提唱するものだ。愛着障害には虐待や親の養育放棄による「反応性愛着障害」がある。岡田氏はそれを狭義の愛着障害としている。そして不安定型愛着により支障を来している状態と、狭義の愛着障害を合わせて、広義の愛着障害としている。愛着スペクトラム障害のスペクトラムとは、症状が曖昧な境界を持ちながら連続していることを意味する。

・愛着障害と愛着スペクトラム障害が同義。

・愛着スペクトラム障害のスペクトラムとは、症状が曖昧な境界を持ちながら連続していることを意味する。

・狭義の愛着障害が反応性愛着障害を指す。

・広義の愛着障害は狭義のものと、不安定型愛着により支障を来している状態を指す。

愛着障害について以下の記事で詳しく説明している。

あわせて読みたい
「愛着障害」とは?| その特性や克服の仕方は? 克服には安全基地が重要※ 当Webサイトの医療情報提供に関するコメントです。愛着障害や愛着タイプ、愛着スタイル について情報提供をしています。 「愛着障害」...

「他人を人として受け入れる」ことを身に着け、部下(フォロワー)の安全基地となるには?

「セキュアベース・リーダーシップ」という考え方が基本となる。セキュアベース・リーダーとは、部下(フォロワー)の安全基地となり、安心感を与え同時に挑戦を促す人である。セキュアベース・リーダーであるために重要なのは、相手の持つ人間としての価値を受け入れ、認めることだ。すべての人を存在する意義があり価値がある人として、尊重し、尊敬し、評価するという考え方だ。セキュアベース・リーダーは、問題と向き合う前に、人と向き合うのである。問題と人とを切り離すのである。可能な限り人の批判や避難を避ける。相手をいつも尊重することも行動の一つだ。

相手を単に、従業員として見たり、何らかの作業をする人として捉えたりはしない。臨床心理学者のカール・ロジャーズの言葉で説明すると、「無条件に肯定的に見る」ということだ。こうしたアプローチをとることによって、相手は自分が正当化され、認められたと感じる。そしてリーダーシップが個人的なものになり、人間が中心になるのである。

相手がどんな愛着スタイルかも重要である。不安定な愛着スタイルを抱えているフォロワーと安定した愛着のフォロワーではこちらのアプローチに大きな差がでる。自分の話を聞いてもられることが、自分が尊重されていると感じるために大きな役割を果たす。不安定な愛着スタイルの特に回避型の人は、自分を開示しにくい傾向にある。自分の感情が高まっているときでも冷静でいることが、安定型の相手よりも重要になる。

当サイトについて

愛着タイプ・愛着スタイルが対人関係に与える影響、生き方に与える影響は多岐にわたる。当サイトでは、これらの影響を含め、愛着の情報を多く発信しています。 愛着の専門サイトでございます。 関連記事などよりさらに情報をご覧いただけます。以下のカテゴリーにて、愛着理論の基礎知識をご確認いただけます。心理学の用語ですが、皆様にご理解いただけるような説明を心がけております。

あなたの職場はどうですか?
・職場の上司の態度がこわい。
・悪い報告がこわくてできない。
・職場で用意されているカウンセリングへ行く勇気がもてない。

カウンセリングや上司などに、助けを求めたいのに、求められないと思ってしまう。このような職場を改善いたします。この文章だけではたくさんご心配があると存じます。些細なご相談でもお伺いいたしますので、ぜひご相談ください。
友だち追加
または
メールのご利用