誰にでも安全基地がある社会に
愛着こうは「愛着」についての専門サイトです。
身近な愛着理論

キョンは涼宮ハルヒの「安全基地」である|涼宮ハルヒシリーズからみる安全基地の役割

当Webサイトの医療情報提供に関するコメントです。愛着障害や愛着スタイルなどについて情報提供をしています。

「涼宮ハルヒシリーズ」をご存知だろうか? その主人公は涼宮ハルヒ・キョンである(ここではそのようにしたい)。そのキョンは涼宮ハルヒの安全基地である。この2人は安全基地の役割を説明するうえで特に有用である。

「安全基地」とは?

「安全基地」とは、いざというとき頼ることができ、守ってもらえる居場所であり、そこを安心の拠り所、心の支えとすることのできる存在である。愛着理論の用語である。安全基地は、対人関係において、その人が安心できる人となる。幼児が不安になったときに、「ママ・パパ」と駆け寄るような相手である。幼児はそのように安全基地を頼り安心することで、また活発に行動できるのである。安全基地とは自分という存在が無条件に受け入れられる場所なのである。自分が何を感じ、何を思っているか、安心して話すことができる相手が安全基地になりえる。そのように自分が受け入れられると、自分の人生に対する主体性や責任を得ることができる。自分が大切にされることで、自分を大切にできるようになるのである。

安全基地について以下の記事で詳しく説明している。

あわせて読みたい
「安全基地」とは?|安全基地があることで、安心感が得られる※当Webサイトの医療情報提供に関するコメントです。愛着障害や愛着スタイルなどについて情報提供をしています。 人生をもっと生きやすく実...

キョンは涼宮ハルヒの安全基地である

安全基地である証拠は、ハルヒとキョンがお互いに信頼していることである。そのことは登場人物の小泉樹が作品内で言及している。ハルヒは、キョンだけは自分の言うことをすべて聞いてくれるだろうと、思っている。何でもとはいかなくても、基本的にキョンはハルヒのよき理解者である。ハルヒは、キョンにだけは自分の思いや考えを遠慮なく話せる。

キョンはハルヒの安全基地として、自分が受け入れられるという安心感を与えているのである。

小泉からキョンへ「涼宮さんは、あなただけは何があろうと自分の味方をすると思っていたのです。いろいろ文句をつけつつも、あなただけは許してくれるだろうとね。」
(参考 : アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』製作 京都アニメーション)

キョンがハルヒの安全基地であることの効果

キョンはハルヒの思いを受け止め、そばについて見守る役割を果たしている。また、キョンはハルヒのやりすぎた行為を叱り、止めることもある。学園祭のみくるの大冒険の映画撮影時のエピソードが象徴的である。朝比奈みくるへの行き過ぎた要求・攻撃に対して、キョンが本気で怒る場面である。どんな行為も許すのが良い安全基地とは言えない。相手の思いを受け止め、相手の心を思い、安心感や勇気を与えるのが良い安全基地である。

時がたつにつれ、ハルヒはキョンのことを安全基地とすることで、SOS団以外の人とも心のやり取りができるようになる。学園祭後の軽音楽部のメンバーに呼ばれた時、そこにキョンを引き連れて行ったのも、キョンを安全基地として頼っている証だと考えられる。

キョン「行ってやれ。」ハルヒ「ちょっと一緒に来て!」
(参考 : アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』製作 京都アニメーション)

キョンはハルヒの安全基地となることで、他人と親密さを持てるという成長をハルヒに与えているのである。

安全基地は「愛着理論」の言葉

安全基地(セキュアベース)は「愛着理論」により生まれた言葉である。愛着理論は、「すべての人は生まれながらにして、親密さと安心を得ようとする欲求を持っており、自分を守ってくれると感じられる人からそれを得ようとする」という前提のもとに展開される理論である。

「愛着スタイル」や「愛着障害」という言葉も同じ愛着理論により生まれた。これらを知ることで、安全基地となるための助けとなる。相手の対人関係や生き方について判断する際に重要となる。

愛着理論で重要な「愛着」や「愛着スタイル」とは

まず、「愛着」とは特定の人に対する特別な結びつきのことだ。また、人格のもっとも土台の部分を形造っているものである。脳内のホルモン作用がかかわる生理学的な仕組みである。その型として愛着スタイルというものがある。それは対人関係の在り方に大きな影響を与えるものである。また愛着スタイルは人付き合いだけでなく、その人の生き方にも大きな影響を与えている。愛着スタイルについて、以下の記事で詳しく解説している。

あわせて読みたい
「愛着スタイル」とは?| 人間関係や生き方に大きな影響を与える※ 当Webサイトの医療情報提供に関するコメントです。愛着障害や愛着スタイルなどについて情報提供をしています。 愛着スタイルというもの...

愛着理論で重要な「愛着障害」とは?

「愛着障害」を抱えていると、対人関係や人生に課題や困難を抱えやすい。この「愛着障害」と「愛着スペクトラム障害」は同義である。愛着スペクトラム障害とは岡田 尊司 氏が提唱するものだ。愛着障害には虐待や親の養育放棄による「反応性愛着障害」がある。岡田氏はそれを狭義の愛着障害としている。そして不安定型愛着により支障を来している状態と、狭義の愛着障害を合わせて、広義の愛着障害としている。愛着スペクトラム障害のスペクトラムとは、症状が曖昧な境界を持ちながら連続していることを意味する。

・愛着障害と愛着スペクトラム障害が同義。

・愛着スペクトラム障害のスペクトラムとは、症状が曖昧な境界を持ちながら連続していることを意味する。

・狭義の愛着障害が反応性愛着障害を指す。

・広義の愛着障害は狭義のものと、不安定型愛着により支障を来している状態を指す。

愛着障害について以下の記事で詳しく説明している。

あわせて読みたい
「愛着障害」とは?| その特性や克服の仕方は?※ 当Webサイトの医療情報提供に関するコメントです。愛着障害や愛着スタイルなどについて情報提供をしています。 「愛着障害」をご存知で...

当サイトについて

愛着スタイルが対人関係に与える影響、生き方に与える影響は多岐にわたる。当サイトでは、これらの影響を含め、愛着スタイルの情報を多く発信しています。関連記事などよりさらに情報をご覧いただけます。

最後に、引用している書籍の「岡田 尊司」氏 は、京都府にある「岡田クリニックの院長を勤めている。当サイトでは、岡田氏の著書から多く引用をしている。愛着スタイルの症状を克服することや、安全基地について知ることができる書籍を、多く執筆されている。ここでは「書籍『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』岡田 尊司 光文社新書」(※0)を紹介する。著者による治療をもとに書かれた治療例や、稲田山頭火など偉人といわれる方の愛着スタイルの推察など、多く学ぶことができる。さらに巻末の愛着スタイル診断テストにより、ご自身の愛着スタイルを自己診断いただける。一人で、質問に答える形式で、自己診断していただける。

(※0) 少なくとも初版には記載。

・精神科医。作家。現在、岡田クリニック院長(枚方市)。東京大学文学部哲学科中退、京都大学医学部卒、同大学院高次脳科学講座神経生物学教室、脳病態生理学講座精神科医学教室にて研究に従事。
(引用 : 『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』岡田 尊司 光文社新書 初版)
あなたの職場に安全基地をつくりませんか?

職場に安全基地があることで、安心して働けます。上司等に安全基地になるアドバイスをしてほしい方も、ご自身がアドバイスを受けたい方も、以下のページにてお申込みください。お申込み後、当方が貴社へアドバイザーとしての就任をお願いします。あなたの職場に安全基地をつくりませんか?

申し込み・詳細ページ
※従業員の方からのご紹介には、紹介金制度をご用意しております。