社会情勢

三人に一人もの人が愛着障害をかかえる原因|愛着不安と愛着回避の増加のため

「愛着こうで提供する情報の信頼性について」などです。ご確認ください。

昨今、「愛着障害」という言葉がよく聞かれるようになった。この記事では愛着障害をどれほどの人が抱えているか、また、その原因といえる愛着不安と愛着回避について説明する。

「愛着障害」とは

不安定な愛着をを抱えていると、対人関係や人生に課題や困難を抱えやすい。周囲の人に適度な信頼を持てなかったり、人付き合いにいたずらに不安を感じてしまう。そもそも他人への信頼に興味がない。また、人生で大事な行動をやらなければならないが、どうしても行動に移せない。例えば、このような状態が、 不安定型愛着に伴って支障を来たしている状態が愛着障害である。

愛着障害の詳細な定義

「愛着スペクトラム障害」と呼ばれるものがある。愛着スペクトラム障害とは岡田 尊司 氏が提唱するものだ。愛着障害には虐待や親の養育放棄による「反応性愛着障害」がある。岡田氏はそれを狭義の愛着障害としている。そして不安定型愛着(スタイル)により支障を来している状態を、狭義の愛着障害を合わせて、広義の愛着障害としている。愛着スペクトラム障害のスペクトラムとは、症状が曖昧な境界を持ちながら連続していることを意味する。また不安定型愛着とは、偏向型愛着(タイプ)と近い概念である。どちらも愛着理論をもとにした概念である。不安定型愛着は愛着理論-ABCDモデル、偏向型愛着は愛着理論-DMモデルのものである。よって愛着こう 平田は、偏向型愛着タイプを加えたものを広義の愛着障害としている。

(参考 : 『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』岡田 尊司 光文社新書 初版)
(参考 : 『成人アタッチメントのアセスメント-動的-成熟モデルによる談話分析-』著者:パトリシア・M・クリテンデン、アンドレア・ランディーニ 監訳者:三上 謙一 岩崎学術出版社 初版)

そもそも「愛着」や「愛着スタイル」とは

愛着障害の「愛着」とは特定の人に対する特別な結びつきのことだ。また、人格のもっとも土台の部分を形造っているものである。脳内のホルモン作用がかかわる生理学的な仕組みである。その型として愛着スタイルというものがある。この愛着の型は、対人関係や生き方に課題・困難さをもたらす。愛着の型の一種である「愛着スタイル」について、以下の記事で詳しく解説している。

あわせて読みたい
「愛着スタイル」とは?| 人間関係や生き方に大きな影響を与える 「愛着スタイル」というものがある。人付き合いで悩みをかかえていないだろうか。周囲の人に適度な信頼を持てない。いたずらに不安を感じてし...

不安定型愛着は増加し、三分の一もの人が抱えている

「『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』岡田 尊司 光文社新書 初版」によると、不安定型愛着を示す人口は全体の「三分の一」にも達するようだ(*1)。

愛着障害はスペクトラム障害であり、程度に差はあれ、愛着障害を抱える人は身近にも多く存在することになる。

・カップルのどちらかが不安定型愛着を抱える確率→50%以上

・三人のうち、一人でも不安定型愛着を抱えている可能性→七割

「『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』岡田 尊司 光文社新書 初版」の著者は、この現状について、書籍内でこのように述べている。

引用 : ”片目を眼帯で覆って車を運転するようなものだと言えるだろう。”

・安定型の愛着を示すのは、およそ三分の二で、残りの三分の一もの子どもが不安定型愛着を示すのである。
・さらに成人でも、三分の一くらいの人が不安定型の愛着スタイルをもち、対人関係において困難を感じやすかったり、不安やうつなどの精神的な問題を抱えやすくなる。
・ご自身が、不安定型愛着を抱えているかもしれないし、恋人や配偶者や同僚がそうであるかもしれない。カップルのどちらかが不安定型愛着を抱える確率は、何と五〇パーセントを超えるのだ! さらに、三人の人がいて、そのうち一人でも不安定型愛着を抱えている可能性は、七割にも達する!
(引用 : 『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』岡田 尊司 光文社新書 初版 ※2011年発行の書籍)

(*1)2011年発行の書籍、調査の詳細は本文に未記載。著者に対するこの記事執筆者の信頼性から引用することにした。

愛着不安と愛着回避の増加が、愛着障害の発症を増やしている

不安定型愛着が愛着障害の原因である。不安定型愛着の多くの原因は、愛着不安の強いことと、愛着回避の強いことである。愛着不安とは愛着関係を持つことに不安を覚えること。愛着回避とは愛着関係を回避しようとすることをいう。愛着不安が強いタイプの増加で、境界性パーソナリティ障害や、依存症や過食症が増加している。愛着回避が強いタイプの増加で、淡白な対人関係を好む「草食系男子」や結婚になかなか踏み切れない人が増加している。

愛着不安や愛着回避が増える大きな要因は、社会が数十年間にわたり、愛着を軽視し損なう方向に変化してことである。遺伝的要因の関与は小さく、短期間に変化するものでもない。よって原因は、先に述べた環境的要因一番が大きいのである。

(参考 : 『愛着障害 子ども時代を引きずる人々』岡田 尊司 光文社新書 初版)

当サイトについて

愛着タイプ・愛着スタイルが対人関係に与える影響、生き方に与える影響は多岐にわたる。当サイトでは、これらの影響を含め、愛着の情報を多く発信しています。愛着障害の専門サイトです。

以下のカテゴリーにて、愛着理論の基礎知識をご確認いただけます。関連記事をさらにご覧いただけます。愛着障害を皆様にご理解いただけるような説明を心がけております。ぜひご覧ください。